家も会社もパソコンの立ち上がりが遅くて大困りの巻

会社のパソコンも家のも結構年月の経ったものを使っている。OSはWindowsXPだ。これが最近というかかなり前から立ち上がるのにすこぶる時間がかかる。ハードディスクへのアクセスランプがずーっと点いてる。カリカリカリカリってやってて実際に立ち上げたいアプリがちっとも立ち上がってこなかった。PCも古いしOSも古いんで寿命かなぁと思ってたんだけど、もう一台会社で同時期に買ったあんまり使ってなかった方のパソコンはサックサクに動く。なんじゃこの違いは?と思って調べてみた。

そしたらあったね。『Windows XPの起動時の長いディスクアクセスは、Windows Updateの履歴が溜まりすぎていたせいだった?!』で、書いてあるとおりにWindows Updateの履歴っつーのを消した。

劇的に変わったよ!マジで。すごい。履歴が100MB位になってて一旦消してもまた作られるんだけどそれが1MBになる。スキャンディスクやデフラグはもちろんだけど、そんなの全く意味ないくらい快適になる。これお勧めです。

あとそれも含めてこんなサイトもあった。『会社のPC起動おそっ!と思ったら試すこと』こちらはまだ未検証です。

もう一歩なんだよな。今は起動時だけじゃなく通常に使っている時ももっと軽くならないかなってとこ。また調べてみよう。何かご存知の方教えてください。
スポンサーサイト

外付けドライブ、DVDは読み書きできるのにCDを認識しないの巻

いや、ホント、題名通り外付けドライブがDVDの読み書きはできるのにCDを認識しないんで困ってた。

長男の時にもやったけど、次男坊が卒園で謝恩会に流すスライドショーのDVD作る時に使う曲をCDから取り込もうとしたら認識しなかったのである。話変わるけどもう4月には小学生です。早いなぁ(感慨)

ついでにその時使うDVDも用意した枚数には限りがあるのに失敗したりして危なかったのでCDの取り込みも含め他の人に頼んで焼いてもらったりしてしのいだ。

上映会は滞りなく成功で良かったんだけど、DVDは読めてCDは認識すらしないってのが気に入らなかったので調べてみた。ファームウェアとかいかんのかそういう類と思ってた。湿式のレンズクリーナーも試したがCD形式の為読み取らん。うーむ、なんじゃろ?

で、昔良くカセットテープの音が悪くなった時ヘッドをアルコール浸した綿棒で拭くと音が良くなったのを思い出した。駄目元でレンズクリーナーを綿棒に付けてピックアップのレンズを拭いてみた。幸い外付けのドライブはレンズが見える位置にある。

そしたら!

ばっちり認識した。

そこか!がくっ…_| ̄|○

DVDの方が読み書きしにくいと思ってたのでまさかレンズの汚れとは思いませんでした。でも読める様になって良かった。きっとDVDの書き込みの方も改善されてる…はず(願望)

内臓のドライブも死んでるからバラして拭ってみるか?

久々更新でした。

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争


小学6年生になるチビスケが丁度今のチャキ男位の時に好きだった映画でキャッツ&ドッグスって映画がある。DVDを何度も見てたなぁ。そしたらこないだレンタルに行ったら同じような題名のがまた出てるではないか。『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』ってなんて邦題だ事。原題は『CATS & DOGS: THE REVENGE OF KITTY GALORE』キティ・ガロアの復讐ってとこか。チビにこんなんあるねと教えたら即借りてた。で見てみた。

しかし前作でも感心したけどこの新作も金かかってます。こういうちょっとおバカな物作らせたらアメリカ人にはかなわないですな(笑)でもオープニングのムービーなんかメチャメチャ格好いいんです。最近の007みたいというかそんな感じ。ストーリーはお子様向けなんでなんなんですが、まぁ安心して見れますね。

お盆に家族でなんてのもいいかも。オススメ。


...お盆休みといえば僕は明日からたったの3日間。しかも翌々週の土曜は出勤なので月の休日数としては普通の完全週休二日の月と同じって事です。しゃーないか(涙)

でも明日はみんなで伊良湖に泊まってで久々に浸かってきますぞよ。ちゃんとパドルできるか不安ですが...

では皆様も良い休日をお過ごしください。


キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 - goo 映画

こっちは昔のやつ。
キャッツ&ドッグス - goo 映画

In to the Wild

ヨメがずーーーーっと前に借りてきて見てたけど、僕はその時途中で虚無の底に落ちてしまっていて見れてなかった『In to the wild』って映画をPSP用に落としておいたんで見てみた。

虚無って...まだインセプションに影響されてます(笑)

何故ヨメがこんな地味な映画を借りてきたかって言うと監督がショーンペンだったからだそうだ。

ストーリーは親や世の中に反発した若者がまったく何もないThe Wildつまり荒野へ行き究極の自由を手に入れるが...というもの。うーむ、微妙。映画紹介サイトなど見ると実話らしく全米ベストセラー・ノンフィクションに選ばれてるそうな。こういう話はアメリカ人の琴線に触れるんだろうか?フロンティアースピリッツっやつですかね。

僕は一人ぼっちはイヤだな。そんな事を思った映画でした。


イントゥ・ザ・ワイルド - goo 映画

インセプション


いやぁ面白かった。オススメ、みんな見なさい。

夢は見てる途中は夢と気付かない。目覚めて初めて夢と気付く。確かにそうですね。この辺りの発想が凄い。他人の夢の中に入って行って潜在意識に気考えを植えつける為に夢の中の夢、その中の夢へと行っちゃう。どーなってるの?って感じです。

ストーリー、音楽、そしてこの夢の世界を映像にした発想と技術。終わり方もいい。これぞ映画って感じです。リメイクじゃないしCGバリバリじゃないし。ちょっとべた褒めかもしれないけど僕は面白かったし気に入ったです。何度か見てみたいです。

監督は「ダークナイト」も手がけたクリストファー・ノーランと聞いて納得です。音楽の感じとか使い方とかテイストはダークナイトと似てる。映画館で見たかったなって映画でした。

家で見て不満だったのはちょっとウーハーに出てくる音がでかすぎた事。見てると家中ビリビリ振動してしまうんで、ヨメとチビらにウーハー禁止されてしまったよ。なのでせっかくのサラウンドの臨場感が楽しめなかったなぁ。


インセプション - goo 映画


で、これは見た人向けの解説です。
これを読めば疑問が解消!『インセプション』徹底攻略

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。