アイアムレジェンドの原作を読んだ...

映画アイアムレジェンド、ストーリー的には「???」だったんだが前半に出てくる無人で荒れ果てたNYの映像の凄さに感動した映画だった。なので余計途中からの変な急展開に納得できなかったんだが色んな映画論評サイトを見てたらどうも原作が面白いとあったんで探して読んでみた。

なんとこれ1950年代に書かれた小説でしたよ。なので設定がその当時の近未来の1970年代になってて面白い。似たようなケースとしては2001年宇宙の旅で観客は2001年過ぎちまったよって感じ?

話を小説に戻すと、うむむ小説の方の筋書きの方が納得。前半は映画の映像が勝ってる。しかしやはり後半がなんともかんとも...スポンサーとかから要らぬ横槍が入ったのかとか勘ぐってしまいます。

確かに主人公はI am Legend. なんだけどlegendの意味が映画と小説では違いました。読む機会あったら映画と小説と両方とも楽しむと面白いかも。


アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫NV)
アイ・アム・レジェンド [DVD]



スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。