キャンドル作りやってみました...

沖縄旅行まとめその12...

お熱が出てしまって入りたがってたプールや温泉に入れないチャキ男。それがとてもかわいそうだったのと、何か作るってのが大好きなお兄ちゃんのチビスケにせがまれて、ホテルにあったショップでキャンドル作りをさせてあげる事にした。

キャンドルって自分達で砂を入れてオブジェを入れて透明のジェルを流し込んでいくってものなんだが、まずは枠であるガラスの容器を決めます。そこに砂をキレイな層になるように入れていきます。



それから入れたいオブジェ、貝殻だったりガラスの小物だったりそんなものを入れていきます。

下の画像は魚が浮いているようにするために半分くらいジェルを入れて少し固めて居るところ。そこに魚を置いてまたジェルを入れれば泳いでるように見えるという訳ですね。



チビスケのを覗き込むとこんな感じ。



先にパパの大幅な手助けもあって出来上がったチャキ男の作品。クジラが泳いでます。



んで砂の層にもアクセントをつけたりとこだわったチビスケの作品。浮いてるのはエイ、それとニモと巻貝。



チャキ男のと比べると違いますでしょ?決してパパのやっつけ仕事ってわけじゃありません(笑)こちらはクジラと巻貝と平たい貝。



泡だらけでクリアじゃない気がしますが、この泡は1年くらい経つと上に抜けていくそうです。

このキャンドル作り、子供らは大喜びですが思ったより経費がかかる(苦笑)ガラス容器が1,000円だね。んで貝がひとつ、えっとチャキ男が選んだのは...600円と。は?600円!ちょっと待てぇぃ!このその辺に落ちてるような貝が600円?と思ったがチャキ男これが良いと言って聞かない...

逆にお兄ちゃんもごっつい高いけどタダの貝殻に色付けてみましたみたいのを選んでたんで、上手い事言って見た目よりむっちゃ安くて可愛いニモにチェンジさせておきました、ほっ。

とこんな風に入れたいもの選んでいくとお値段がどんどん積み重なっていくシステムになってます。今回作ったものは2人とも2,500円位しますがな。お土産物屋に売ってる既製品だったら何個買えるんだか...

まぁ思い出ですね(号泣)こんな時しかやらないだろうし。


沖縄旅行まとめその11

沖縄旅行まとめその13
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。