前途多難...

職場に中途採用の男が入社した。何人も面接時に同席させてもらったんだがほぼ全て問題ありなので選ぶのに困った。

例えば、40歳で職歴は正社員は経験が無く派遣ばかり十数社ほどでで退職理由がすべて一身上の都合との事。なので詳しく聞くと、その一身上の都合ってのは全部人間関係ですって、そんな我慢の出来なさそうなのだったり...

遠くからこちらに出てきてるんで理由を尋ねると、いい人が出来たのでこっちに追いかけてきましたと言ってるのにまだ独身って不思議な38歳だったり...

ミミズの這ったような字の履歴書で一切こっちを見ずに話す挙動不審な29歳だったり...

そんな働く気が本当にあるのかってとこから選別するのは大変なんだがその中で一人選んだ。30台も半ば、養う家族もあるし面接では意欲的かつ社交的にも見えた。残業も休日出勤もしますって言うし、職歴も前職の退職理由は景気低迷による早期退職に募集して辞めたとの事。しかし思ったより次の職場が見つからずに焦ってるという事で多少同情もした。こちらは早く人が欲しいし学歴こそ伴わないものの戦力になるだろうと期待して採用した...


ら!


そう、「ら!」なのであります。かなりばっさりと期待は裏切られたのよこれが。常識が覆ったというかそんな気分。日誌を書かせれば「今日は○○をしました。つぎはもっとうまくできるようにきおつけます。」と書いてきた。ひ、ひらがな?き、き『お』つけます?『お』ってなんや?『お』って!と目が点。新人なので自分をアピールするために覚えたこと思ったこと改善点なども書いて来いと言ったのにそれで増えた文章が「きおつけます」だった。

配属先は製造部門なので稼働時間なんてものも知らないといけない。それを書かせれば何故か単位は%、修正させればmin...これは機械にそう出ているからで『分』とか『時間』に直すべきであろう物なんだが『min』が『分』だと判ってなかったようで。つまり『%』も何のことか判っていなかった。うーむ説明してみたもののチビスケに算数教えてるより疲労感がたっぷり...orz

工程管理でローラーを5回回して重さを測定する機械で担当者に5回回したか?と念を押され、5回押しました!と豪語するも測定してみるとどう見ても6回分。まぁ緊張してたんだね、もう一回やってみようかとやり直させた。担当者に5回回したか?と念を押され、また5回押しました!と豪語したんだが今度はなんと4回分...どーよこれは。自転車のペダルのようなもの5回回すだけなのよ???

これらのことを教えてる年下なんだけど上司って現場の社員には年下だって判った途端にタメ語で話しだしたりもしたらしい。職場の上下関係には鈍感で年齢の上下関係に敏感なのね...

かなり前途多難でやんす



今日は愚痴でしたスマソ。

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。