『小学5年生算数問題』の解答...

先日記事にした『小学5年生算数問題』ですが、解答です。

問題1:
アの四角形はたて4cm、横9cmの長方形です。イの三角形の面積が11平方センチメートルの時、(お)の長さを求めなさい。


ですが、まずはこの三角形で考えてみます。



この三角形は底辺4cm、高さ9?の三角形とみなす事ができるので面積は

4×9÷2=18平方センチとなります。そしてイの三角形の面積が11平方センチなので



この三角形の面積は

18-11=7平方センチとなります。

7平方センチで底辺が4cmの三角形の高さを考えると、

7×2÷4=3.5?

よって(お)の長さは

9-3.5=5.5?

となります。


そしてもうひとつの

問題2:
ボートが何艘かあり、あるグループの人たちがボートに乗ります。このボート1艘に2人ずつ乗ったら38人が乗れませんでした。そこで1艘に3人ずつ乗り直したら、ボートがちょうど35艘あまりました。このとき、ボートが何艘あったか求めなさい。


は、方程式を使わないとこういう解答だそうです。

2人ずつ乗せた時は船を全部使い切っています。3人ずつ乗せた時は全員乗せてもまだ35艘の船が余ってます。なのでこの余った船に同じように3人ずつ乗せたたとすると2人ずつ乗せた時の合計の人数の差は、余りの人数38人と35艘余った船に3人ずつ乗せた数

38+35×3=143人

が余分に乗る事ができます。つまり船に乗る人数を一人増やすと全体で143人増やす事ができます。なので船の数は143艘となります。

判りましたか?


で解いたGK師匠からこんなメールを頂きました。

> ども。
> ブログに書いてあった小学5年生の算数問題。
> ワシも最初の問題は10分くらい考えてしまいました。
> 以前は図形問題得意だったのに、ずっともう30年以上も
> やっていないので・・・苦労しました(笑)
> でもわかりましたよ。答えは5.5cmでしょうか?
> この問題、ちょうどブライアンが来ていたので出題して
> みました。そして30分考えてギブアップ。
> これで数学の先生だから困ったもんです(笑)
>
> でも2問目のほうは答えてました。143隻でしょうか?
> ワシはこっちのほうが苦手でときませんでした。
> ブラは図形問題は得意ではないんだと。
>
> ぼけ防止にいいな。
> たまにはこういう問題出してくださいな(^^)
> 一応ワシ、数学得意だったんだけど・・・
> でもやってないとこういうのはだめになりますな。
>
> ブラが必死で考えているときの写真添付します。
> いやぁ、おもしろかった。
> アメリカでは三角形の面積の出し方は
> 「底辺かける高さ割る2」というのではないそうな。
> やっていることは同じでも、そのような考え方では
> ないみたい。だからこの問題が難しかったのだとか。
> なんだかいいわけにしか聞こえないけど(笑)
>
> てなところで


んでこれがそのブラちゃんが考え込んでいるところ。



このブラちゃんなかなかいいキャラクターでGK師匠の所でも格好のネタにされてます。娘婿なのに(笑)GK師匠のブログのブライアンネタはこちら。ぜひ遊びに行ってみてください。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。