数学の話、続き...

昨日書いた記事(これ)の本、更に電車の中で読んだんだがどんどんどんどんチンプンカンプンになってくる。ネピアってなんでしたっけ?ケーレハミルトンって?微分積分をグラフにしてみると判るってそんなのおらグラフにできねぇよ(号泣)

っつー事で理解した。こりゃ現役の理系大学希望の受験生か数学を生業としてる人ら同士とか、高校数学を完全に理解してる時点の人が、うんうんこうだよねぇと話し合えるレベルの内容じゃないかなぁ?他の人は無理。更に数学が嫌いになってしまうよ(笑)

最初の取っ掛かりは面白いと思ったがそのままの難易度でなくどんどんどんどん上がっていってしまって斜め読みしか出来なくなってしまった。アマゾンのリンク先を見ても結構酷評が出てる...まぁ理解できない僕があかんのですがね(苦笑)

そうはいいつつ、興味もたれた方は立ち読み位はしてみるといいかもしれません。


ちょっとわかればこんなに役に立つ 中学・高校数学のほんとうの使い道
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。