『告白』を読んだ。

松たか子主演の映画の原作本『告白』を読んだ。

うーむ、後味悪い(笑)どんどん読んで引き込まれていってしまうんだけど、誰にも感情移入できないって言うか読み手はずっと傍観者でしかいられないって感じかなぁ...

良くこれを映画化したなと思います。しかもあの中島哲也監督だ。過去作品は『下妻物語』でしょ、『嫌われ松子の一生』に『パコと魔法の絵本』だよね。どっちかって言うと極彩色ちっくな映画を撮る人ってイメージがあるんですが、この原作をどう料理したのか気になるところではあります。でもたぶんDVDは見ないだろうなぁ。

本か映画かどっちかだね。


スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。