インセプション


いやぁ面白かった。オススメ、みんな見なさい。

夢は見てる途中は夢と気付かない。目覚めて初めて夢と気付く。確かにそうですね。この辺りの発想が凄い。他人の夢の中に入って行って潜在意識に気考えを植えつける為に夢の中の夢、その中の夢へと行っちゃう。どーなってるの?って感じです。

ストーリー、音楽、そしてこの夢の世界を映像にした発想と技術。終わり方もいい。これぞ映画って感じです。リメイクじゃないしCGバリバリじゃないし。ちょっとべた褒めかもしれないけど僕は面白かったし気に入ったです。何度か見てみたいです。

監督は「ダークナイト」も手がけたクリストファー・ノーランと聞いて納得です。音楽の感じとか使い方とかテイストはダークナイトと似てる。映画館で見たかったなって映画でした。

家で見て不満だったのはちょっとウーハーに出てくる音がでかすぎた事。見てると家中ビリビリ振動してしまうんで、ヨメとチビらにウーハー禁止されてしまったよ。なのでせっかくのサラウンドの臨場感が楽しめなかったなぁ。


インセプション - goo 映画


で、これは見た人向けの解説です。
これを読めば疑問が解消!『インセプション』徹底攻略

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。