おやじの牛丼...200杯分の作り方。

へ〜ちゃんから最近ブログ更新しとらんやないけぇ〜はよ書けぇぼけぇ〜っ!とお叱りを受けましたので更新します。

3日から更新してなかったんだ。何かと忙しかったし、iPhoneで遊んでたのもあるし、更にネタ切れ&意欲切れってとこでしょうか(苦笑)

さてさて昨日は幼稚園でバザーがあった。幼稚園パパたちでおやじの会ってのを作って飲んだりフットサルしたり、行事ではなんとかレンジャーに変身したりする。中には某拳法の師範代なのにクマの着ぐるみ付けさせられて師匠の威厳台無しになりかけてる人なんかも居て笑えます。弟子に学生が多いのでちょっと誰かのフェイスブックに載ったりボソッとツイッターでつぶやかれたりすると生徒中に広まってしまうそうだ。時代は変わったねぇ。

話しを戻して、バザーでおやじの会として牛丼を出す事にした。儲かれば次回の飲み会の資金になる。あんまり料理をした事がない人ばかりだったので何故か僕が料理長となって仕込みをする事になった。しかし作る量が200人分!4〜5人分とかは想像付くしクックパッドなんかにもわんさと乗ってるんだけど200人分はなかなか難しい。という事で今日のレシピは牛丼200人前の作り方です(爆)

材料:
タマネギ50個、牛肉切り落とし10kg、焼き豆腐15個、糸こんにゃく30パック、しょうが10かけ、7倍濃縮のめんつゆ3本、バター600g、荒挽きブラックペッパー1本、酒、みりんに砂糖適当...

っておいおいわかんねぇよってな感じでしょ?タマネギだとこんな感じになります。



これが3杯。肉は10kgでこれ。



普通は肉とタマネギをしんなりするまで炒めてなんてありますが、そんな悠長な事は言ってられないので、寸胴に半分ぐらい湯を沸かしてタマネギ1/3の量としょうがみじん切りも1/3の量、肉も1/3の量入れて煮ます。



ここで問題発生。どんどんカサが多くなってくるのであふれそうになってしまった。急遽1/3量で開始した寸胴を更に1/2に分けて進行しました。焼き豆腐に糸こん投入。



で、煮込むと少なくなってくるんでまた併せてみました。

そして隠し味、これが大大大ポイント。バターを200人前に対し600g、ブラックペッパーをバサバサと入れてみる。

あとは味付け。めんつゆを様子見ながら入れてみた。子供らも多いし甘目がいいだろうとみりんと砂糖を多めに投入です。完成はこんな感じ。



当日をシュミレーションして一杯分よそってみた。



具をかけてできあがり。



美味そうだったのでおっさん4人で公園でピクニック気分で食べてみました。目に浮かぶ光景がキモイ(笑)



さて当日の成果はというと白米を炊きすぎて大誤算。炊く前の米の重さで誰かが分量をはじいたみたいなので大量に炊き立てご飯が出来上がってしまった。急遽牛丼と別に白米も販売するハメになった。気になる収支は1杯肉の290円で売って数配分の利益が出たそうです。まぁ祭りみたいなもんだから2日遊べて良しとするかってとこですな。これは一つ目の失敗でもうひとつはかき混ぜ過ぎて焼き豆腐がボロボロになった鍋があったということかな。料理はした事無いけど手伝いたい!の思いが強くってあくを取ってくれって頼んだはずがずっと奥底までかき混ぜ続けてくれたパパさんが居てその鍋は豆腐が木っ端微塵。ご愛嬌ですな(笑)


先生のフェイスブックには人生史上最高の旨い牛丼だったとの書き込みもありうれしい限りです。皆さんも200人分作ってみてくださいな(爆)
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。