先日の小5問題の解答...

先日出題してた小学校5年生の塾問題ですが、解答編をというか道中が面白かったのでそれも列記してみます。

問題:

1から80までの整数を全てかけた積は、一の位から連続して『0』が何個並びますか?


正解は『19』なのですが...

以下、解説回答です。

>10=2×5より、1から80までの整数の積を素因数分解した
>ときの{2、5}の組の数だけ一の位から0が並びます。
>2の個数は5の個数より多いですから、5の個数を調べれ
>ばよいことになります。
>
>・5の倍数:80/5=16→16個
>・(5×5=)25の倍数:80/25=3あまり5→3個
>
>よって、5は全部で、16+3=19個ありますから、一の位から0は19個並びます。

って整数の積の和とか素因数分解って出てくる時点で小5問題ちゃうやろ!って思うんですが...



まず僕は2×5の様な時と×10の切番の時繰り上がって0が増えると思ったんで5きざみの時、つまり16回だと思って回答した。

続いてぺ〜から回答メールが。題名が

>Re: だいたい80個くらい

のメールと共に



の添付画像。問題と関係ないやないかいっ!よほど芸人が見れたのが嬉しかったとみえる。しかも「だいたい」ってどうよ。

出題者より16は違う。大体としても80も違うと返答あり。その後、32個とか22個なんてのが続いてぺ〜がまた変な解答を...

>う〜ん、俺も16が正解だと思い始めた、、、

は?ちゃう言われてまっせ(笑)とこの辺りまできたら、なぜかぺ〜壊れだす。この解答が...

>わしの最初のが1番近いやないかい。
>Excelで計算してみたら、0は104個だった。

は?エクセル使った?小5問題で?と爆笑してしまった。しかもこの答えが違うらしい。違うといわれても

>いや、自信あり。
>Excelで出すのもなかなかコツがいるのよ。

と来たもんだ。もうこの辺りで僕は正解をしていたけど、またさらにもう一人の友人へ〜ちゃんまで

>実は俺もExcelしたんだけど、104になったぞ。
>ほんでも理由が解らんでかんわ。

>10を80個かけても、正解は80じゃんね?

と言い出す始末。20と回答した人に惜しいと言うと、『惜しくないだろ、excelは104だって』とか、『問題間違ってね?』とかもう好き放題言い出した。

そして極めつけは証拠写真まで送ってきよったです。







2つ目のへ〜ちゃんのなんか綺麗に色分けまでしてあって真剣さが伺えます(笑)ちなみに僕も色々な表計算ソフトで検証してみたけどみんなエクセル準拠になっているのか104になってしまう。

で、2人はこの104個の0を1つ、2つ、3つと数えたらしい。本人らは違うと言い訳していましたが...

どうやら大きな桁数の数値は対数で表したりする事が多く全桁表示しなくても事が足りる場合がほとんどなのでこんな大きな数値の0の数を数えさせる事までは想定されてない様ですね。なので上から16桁かで表示が切り捨てられてしまうらしい。という事でこの問題を表計算ソフトで正解を表示させれる方、お教えくださいな。

小6のチビスケはもちろん正解できませんでした。








スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。