PICASAすげぇな...

クラウドコンピューティングってのがあります。どこからでも自分のファイルにアクセスできる。(詳しくはWikipediaを)iPhoneを買ったんでにiCloudでもいいんだが、持っているPCは会社も含め全てWindowsマシンなのでアクセスできないし、将来もしもiPhoneよりめっちゃ優れたアンドロイド携帯とか出て乗り換えたらiCloudは使えない。そこでGoogleならどんな環境でも使えるし、Cloudのような事が出来るんでそっちで色々試してみた。

僕のパソコンには産まれた時から撮り貯めた子供の写真が沢山ある。消えちゃうのが怖くてPCとポータブルHDDの2つに保存していた。270フォルダに分類され、ムービーも含め合計15,000のファイルで容量が約30GBあります。このダブル保存が結構手間なんですな。面倒になってきた。

そこでこれをPICASAっていうデジタル写真管理ソフトでgoogleのウェブアルバムにアップし、常に同期させてバックアップする事にした。こうしておけば指定したPCのフォルダに写真が増えればpicasaを立ち上げれば自動的にウェブアルバムの方にも写真が増える。Google+ に登録が必要です。

やってみると...いやぁ時間かかったねぇ。夜中中PC立ち上げておいて何日もかかったよ。そりゃ30GBだもの。でも嬉しい事に無料の枠内で全部アップできたよ。Picasa ウェブアルバムは、1GBの保存容量が無料。そして特定のサイズに満たないファイルは、無料の保存容量にはカウントされないらしい。

Google+ に登録済みの場合は2048×2048ピクセル以内の写真や15分以内の動画は、無料の保存容量にカウントされないんだそうな。なので昔のデジカメの頃の様な小さなサイズのファイルが大量にあってもその分は全部無料です。

またGoogle+ にアップロードした写真は、すべて自動的に(長い辺が)2048 ピクセルにサイズ変更され、無料の保存容量の割り当てにカウントされない。

なので結果どれがどうカウントされてるのか知らないけど僕の場合はトータルでウェブアルバム上の容量は815MBになりました。

で、これをiPhoneから見る事が出来てとても便利なのです。ちょっとした合間に昔の子供の写真見て懐かしがったりして親バカ本領発揮といったところでしょうか(笑)



お父様方、ちなみにあんな写真やこんな写真はアップできないそうなのでご注意を...
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。